Steve Jobs 1955-2011

http://www.apple.com/jp/stevejobs/

謹んでご冥福をお祈りします。

世界は本当にあなたを必要としていた思います。

コンピューターに関わる者として、その深遠なるスピリッツを、わずかでも自らのプロダクトに織り込んでいくことを心に誓いたいです。

今はただ安らかに。

Thank you for staying hungry, staying foolish.

G4 Mac mini メモリ換装

どういうわけか今頃になってMac熱に火が入り、買ってからずっと今まで、単なるiTunesサーバーにのみ使用してきたMac miniをイジりはじめてます。PowerPC 時代の最後らへんの G4 Mac mini。HDDは40GB、メモリも512MBしかないのですが、まあ入門用としては十分。これまではVNC越しにだけ使っていたので、純正のワイヤレス・キーボードを買ってきて、メールとFirefoxとTwitterクライアントのP3などなどをセットアップして、普段のネット関係はMac miniで使うようにしています。

キーボード一つとっても、全然慣れない感じが新鮮で楽しいです。

なんか、今まで食わず嫌いだったなあと。ちゃんと使い始めるとなかなか面白くていいです。Java系の開発している人たちが環境をMacに移しているのも割と頷けますね。使い勝手がどうとかは、まだちゃんと開発作業までやってみないと分かりませんけれど、やっぱ、ちゃんとShellがあって、デフォルトでApacheとかRubyとかPerlとかPythonとかが使えるのはおっきいですよね。Windows環境にどっぷり浸かっている日々を過ごしていると、UNIXの環境ってやっぱりピュアにコンピューターと接している感覚にあふれてて楽しいです。

それで、やはりメモリ512MBだけはどうしてもツラいので、秋葉館でG4 Mac mini用の1GBメモリを購入し、さらにアキバのドンキでスクレーパーを買ってきて、今日、以下のようにバラしてメモリを換装しました。

一番左が最初の状態。真ん中がスクレーパー差し込んだ状態、右は本体カバーを開けた状態です。

多くのサイトで本体を開く方法が紹介されていたので、思ったよりも全然簡単に開くことができました。まあ、ノートパソコンのHDD換装作業とかに比べたら、全然何ということはないですよね。開けちゃえばメモリの換装はフツーのPCと同様ですし。

さすがにG4 Mac miniといえども、512MB→1GBの増設はバッチリ効果があって、全然動きが違います(笑)。
HDDのインジケーターがないせいで分かりませんでしたが、やはり相当スワップしてたようです。40GBしかないHDDも換装するか増設するかどちらかするつもりです。

あとは、新しいモニタが届いたら、Eclipseとかインストールして開発環境を整えようかと。

というわけで、しばらくの間はいろいろ楽しめそうです。