リテラリーマシン ハイパーテキスト原論

“ 世界が変わるたびに、価値観が変わる。
 私たちが世界の相当な部分を定義し直すたびに価値観の変化が起きる。それはずっと繰り返されてきたことだ。発見と呼べない発見や、目新しいだけの世界観の発明を通して。
 とはいえ、それにもかかわらず、私たちは今日現在の世界観こそが正しいのだと信じている。なぜなら同じことの繰り返しのなかから、一度にひとつの視点からしかものを見ることができないと悟ってしまったからだ。”
(リテラリーマシン―ハイパーテキスト原論 7ページより引用)

写真 2013-05-10 23 51 20

enhcantMOONを勢いにまかせて予約してから、なぜかふとこの本のことを思い出して読んでみた。もはや本屋では手に入らず、ネットでも古本屋で倍以上の値段でしか手に入らないとは、時代は過ぎたものである。地元の図書館に行って、しかも自動書庫からの出庫をお願いしてなんとか借りることができた。

テッド・ネルソンのことも、ザナドゥのことも、知ったのはたしかWindows3.1の頃。当時からその人物像もプロジェクト像も極めて伝説的なイメージで、偉人伝のようにしか認識していなかったのだが、まだインターネットにすら触れられることがなかった当時は、この本を読んでもその目指しているものやその理屈なんかはほとんど理解できなかったのではないかと思う。そう実感するほどに、今この2013年に読むと本当に「しっくり」来るのである。各種の評判もさることながら、あとがきにまで「奇書」と書かれているような本なのだが、「ハイパーテキスト」「ハイパーメディア」を提唱したのが1965年、そしてこの本の原著が自費出版(!)されたのが1980年なのだから、とにかく新しすぎて、また途方もない夢のような世界であり過ぎた故に「奇書」「奇人」と評されたのではなかろうかと思う。

なぜなら、今この年に読んでも、まだまだ時代はこの本に追い付いていないのだから。

どんなに「奇」なる本と評されようとも、自分は、まさに「理想郷」と呼ぶべき文書空間がこの本では提唱されていると感じた。

全て文書が電子化され、バージョン管理可能な普遍的な電子出版システム。
相互参照可能で、さまざまな意味づけができ、文書のバージョンにも紐づいたハイパーリンク。
課金システムにも組み込まれ、ハイパーリンクを拡張した「引用」であるトランスクルージョン。
今でいうところの「クラウド」を彷彿とさせる分散文書管理システム。

ザナドゥ自体は現時点では確かに実現には程遠い状態であり、「コンピュータ史上もっとも長く続いているベーパーウェア」のように揶揄されていたりもするが、現代のWebや電子出版とその販売システム、文書を参照するためのタブレットやハードウェア、クラウド化された文書管理など、時代はとても遅い足取りながら、しかし確実に「ザナドゥ」に吸い寄せられているように思う。

本そのものは手に入らなくなっても、時代はその提唱した世界に確実に近付いているというのは、この「原論」がいかにとてつもない「原石」であるかの表れであるように感じてならない。

じっさい、仕事でさまざまな設計書やドキュメントをExcelなんかで書かされる毎日を送っていると、ザナドゥの世界はため息交じりに見る夢のまた夢のように思えてならないが、しかしそれでも、実現不可能な世界ではないし、コンピュータにおける文書はこの本で示されているように作成および管理されるべきであると思う。文書はバージョンで管理されるのが当然だし、ハイパーリンクはバージョンに紐づくべきだし、引用は、どんな部分でも自由に範囲指定し、それもバージョンに紐づいているべきである。また現在もリリースが継続されているアプリケーションであるMediaWikiは、限りなくその世界に近い機能が実装されており、それをベースに作られたWikipediaは、世界で最も成功しているハイパーテキストシステムであることは疑いの余地はない。

本当に全く手が届かない世界ではないし、見果てぬ夢でもないし、いずれは人類が到達できる世界が書かれていると思う。

そして、雑然とした文書ファイル群を目の前にする日々を送っている中でも、この本が目指すところを忘れることなく、日々自分のコンピューティング空間をよりよくする努力を怠ってはならないことを再認識した一冊だった。

Steve Jobs 1955-2011

http://www.apple.com/jp/stevejobs/

謹んでご冥福をお祈りします。

世界は本当にあなたを必要としていた思います。

コンピューターに関わる者として、その深遠なるスピリッツを、わずかでも自らのプロダクトに織り込んでいくことを心に誓いたいです。

今はただ安らかに。

Thank you for staying hungry, staying foolish.

ソーシャル・ネットワーク

見てきました。
映画としてどうかはさておき、自分の立ち位置としてはとても面白かったです。

内容は割と予想通りな感じだったけど、どういう経緯でネットワークが成長していったかとか、一部の機能構成の経緯や裏話が(フィクションの中であっても)理解できたのもよかったです。それは、あの妙にシンプルでMixiなんかと比べたら味も素っ気もないデザインとか、また、最初に不思議に思った「交際ステータス」とか。

Facebookのいろんな機能はとてもよくできてると思うのですが、その根っこは以外に純粋な欲求がきっかけなんですね。単純に気になる人に彼氏がいるか知りたいとかホントにそんなような。でも、彼らが凄かったのは単にサイトの作りがそんな風に良かったっていうよりも、自分はやっぱり、「人間関係のAPI化」だと思いました。

最初Facebookのことを知った時には全く気づかなかったのだけど、今にして思えば、人間関係に対してAPIでアクセスしたり検索したり、JOINしたりできるっていう発想はちょっと凄いと思います。なんと言ったって、Facebook Query Language(FQL)なんてもんが普通に公開されているくらいなんですから。これは本当に並じゃありません。これを使ったら、誰と誰がつながりがあるかとか、同一の趣味嗜好の人物のリストとか、そんなようなことをクエリを叩いて簡単に調べることができてしまうのです。Googleにこの発想があったかどうかってことはちょっと興味がありますが、ともあれ、先に作ってソーシャルネットワークを構築したのはFacebookだから、もうそんなことはどうだっていいわけです。

それにしても、アメリカの大学って「クラブ」なんてものがあるんですね。しかも中身も日本じゃ考えられない?くらいに実にマッチョな雰囲気。「harvard.edu」のドメインのメールアドレスにはみんながあこがれるって言うくだりを見て、なるほど徹底した階層構造な社会が学生のうちからあるんだなあって思いました。しかもパーティはあんな酒池肉林・・。全然羨ましく思わなかった自分は、アメリカ社会じゃ生きていけないような気もしましたです。

一番笑ったのはもちろん、チラ見せしかされなかったビルゲイツのくだりですが、確かに時代は確実に流れ去って行ったんだなあと思います。昔はいろんなところで「日本からもビルゲイツを」とか「未来のビルゲイツ」みたいなことが言われていましたけれども。

あとは、とにかく主人公のあの仕事の早さには心をうたれました(笑)。あれだけのスピードで仕事ができたらそりゃあ楽しいですよねえ(笑)。でも、普段の現場全体の作業の流れを振り返ってみると、今一番必要なのはあのスピードと、そしてそれを実現する技術力のような気がします。でないと何だか自分が、今の立ち位置とか、今の技術力とか、今の仕事のしがらみとかにどんどん縛り付けられていくようで・・。

ともあれ、これからいろいろ作ろうとするにあたって、たくさんいい刺激をもらった映画でした。