Scrum Boot Camp Premium

久しぶりの有料講習に参加してきました。

アジャイルアカデミー・Scrum Boot Camp Premium
http://event.shoeisha.jp/aa#Lesson4

もちろん参加するずっと前にこの本を読んでいたのですが、やはり本だけじゃホント全然ですね。
この手のプラクティスは、ワークショップに参加して実際に身体でやってみるのが一番です。本当にいろいろなことを肌で実感できた一日でした。

自分の場合は、アジャイルもスクラムもほとんど実際の現場では使っておらず、もっぱら本だけの知識だけで望みました。

全体を通して行ったことは、スクラムの基礎について説明を受けながらグループで簡単なモデル作業のスプリントを1つ実施し、その後、細かいプラクティスについて1つずつ課題を与えられつつグループ全員で検討したり作業したり答えたりしていくことで、身体でスクラムを学んでいくような流れです。ブートキャンプということで、説明を聞いたかと思うとすぐにクイズや課題が矢継ぎ早に飛んできて、結構脳に汗をかくような構成でした。

プロダクトオーナーを探したり、プロダクトバックログを全員で出し、そこから見積もりをしたり、スプリントの計画を立てたり、スプリントバックログを出したり、実際のモデル作業をしてその振り返り(レトロスペクティブ)を行ったり・・などなど、グループを組んだ見ず知らずの方々と一致協力をして実際に手や体を動かしてプラクティスをこなすことで、スクラムをエッセンスを知ったり、普段の身の回りの問題点や課題がスクラムのフィルターを通して棚卸されたり、また他の方々の普段の仕事や課題のお話を聞いて、自分の身の回りに照らしあわせて議論していったりすることができました。

趣味で登山を始めた時に思い知ったのですが、たとえ、どんなに本で読んだりして、自分の中での理屈や理解としては説明不要で明らかであったとしても、実際にやってみて初めて分かることは本当にあります。特にスクラムのような「生身の人間」相手のプラクティスの場合は尚更で、改めて、人間のコミュニケーションには様々な確認や理解の支援などのようなサポートがいかに必要であるかを実感しました。

また、とっても面白かったのは、全然知らない人同士でグループを作ったにもかかわらず、いざスクラムのプラクティスで作業を行ったりした途端に、自分が普段の見ている開発の仕事では見たことがない、「全員が積極的にリーダーシップを取って課題に関わる」というチームが出来上がったことでした。

ウォーターフォール云々という以前に、自分は普段の仕事において「指示を出す側」と「指示を受ける側」というロールにいかに自らハマっているかということを思い知ったような気がします。出す側は、無意識のうちにいつも出す側としてのスタンスで行動し、受ける側はいつも無意識のうちに作業指示を受ける体制を取ってしまう。スクラムの基本である「全員で見積もる」とか「全員でスプリントバックログを出す」とか「全員で振り返る」、「全員で改善点を話し合う」などを通じて、こんなにも普段の「無意識ロール」から離れて、立場を超えて全員で「よりよいプロダクトを作ろうとするロール」を身にまとえるのだな、ということを感じました。

きっと、本当はみんなそれぞれ根底にはそういう前向きな意識をいつも持っていて、その出番を待ち続けているのかもしれませんね。

私の仕事の立ち位置としては、なかなかスクラムのようなプラクティスを現場に導入するのは難しいですが、少しずついろんな作業分野で適用していって、チームをより創造性のある方向へ持っていければと思います。